FC2ブログ

野鳥撮影のレンズの使い分け (4/14)

 野鳥撮影の時のレンズは目的・フィールドによって使用するレンズ・カメラ・三脚などを使い分
けしています。
 いつも多くのレンズを持って行かれればよいのですが、重くてそうはいきません。
何しろ年々体力が・・・・・・。
----------------------------------------
[レンズ]
①何としてもアップの写真が撮りたいとき
 車から降りて撮影地までの距離が近いとき・・EF500 F4 L IS USM (3,870g)
                          三脚・雲台(3.8kg)

②山や登りがある場合
 歩き回って撮影する場合       ・・・EF300 F2.8 L IS USM (2,550g)
                          三脚(1.9kg)

③散歩がてらに撮影する場合     ・・・EF100-400 F4.5-5.6 L IS USM(1,380g)

    *必要に応じて   EXTENDER EF1.4×Ⅱ(220g) 
                       EF2×Ⅱ (265g)


[カメラ]
  A EOS-1D MarkⅡ(1,555g)×1.3・・・メイン  飛びもの
  B EOS D60 (860g) ×1.6・・・サブ
↑電池含む

----------------------------------------
□ ①+A=9,225g
  ②+A=6,005g
  ②+B=5,310g
  ③+A=2,935g
  ③+B=2,240g
 それに、EXTENDER EF1.4×Ⅱ + EF2×Ⅱ =485g
     予備バッテリー  予備CF(MD)カード  ザック(結構重い) 
     弁当  水筒  その他

----------------------------------------
 以上のように結構重い装備です。
①+A * を中心に出かけるときは、ザックに小物をいれて15kg以上になります。
 更に、目的によってはブラインドも持って行くこともあります。
 年々衰える体力、体力が衰えないように日頃の努力も必要になってきました。
スポンサーサイト



comment

Secre

プロフィール

MASAOGA

  • Author:MASAOGA
  •  趣味の“バードウォッチング”をしながら撮影した、野鳥の写真・動画中心の『ブログ』です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク